SQLServer一覧

[SQL Server 2008 R2] エラーコード 一覧

SQL Serverのエラーコード一覧を見つけました。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645603.aspx

参考までに以下内訳

接続、SQLに関しては

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645611(v=sql.105).aspx

ADO等の接続プロバイダ経由のエラーに関しては(VBやC#を使用した接続)

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645950(v=sql.105).aspx

 

 


 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




SQLServer ストアドプロシージャーの存在チェック DROP して CREATE PROCEDURE する

解説

sys.objects
データベース内で作成されるユーザー定義のスキーマ スコープ オブジェクトごとに 1レコード作成されます。

sys.objectsにある「type」カラムは以下のデータが格納されています。
AF = 集計関数 (CLR)
C = CHECK 制約
D = DEFAULT (制約またはスタンドアロン)
F = FOREIGN KEY 制約
FN = SQL スカラー関数
FS = アセンブリ (CLR) スカラー関数
FT = アセンブリ (CLR) テーブル値関数
IF = SQL インライン テーブル値関数
IT = 内部テーブル
P = SQL ストアド プロシージャ
PC = アセンブリ (CLR) ストアド プロシージャ
PG = プラン ガイド
PK = PRIMARY KEY 制約
R = ルール (旧形式、スタンドアロン)
RF = レプリケーション フィルター プロシージャ
S = システム ベース テーブル
SN = シノニム
SQ = サービス キュー
TA = アセンブリ (CLR) DML トリガー
TF = SQL テーブル値関数
TR = SQL DML トリガー
TT = テーブルの種類
U = テーブル (ユーザー定義)
UQ = UNIQUE 制約
V = ビュー
X = 拡張ストアド プロシージャ

ですので、今回は「P」を指定しています。
同じようにこのタイプを指定してオブジェクトの存在チェックが可能です。

 


 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




ASP.NETとLAMP環境のデータ連携を実現

■構想検討

構想としましては
OSが異なるので、お互いAPIを用意し、API経由でデータを連携させるように構想しました。

お互いのOSからクロスで放り込む方法も見つけましたが
LINUX→SQLServerの場合、ドライバーをLINUX上にインストールする必要が発生する可能性があり
難易度が少し上がります。

■仕様
クロス同期つまり、ひとつの会社テーブルの情報を常に同期させる。ASP側で更新されたらLAMPにも更新するし
逆も同様にする。

■環境準備
LAMPのシステムとASP.NETシステムの環境のデータ同期ということ。
データベースの方は一緒。SQLServerのデータをMySQLに移行。

workbenchを使います。

データ変換には癖がありますが、何回か行っていると規則性が見えてきます。
■具体的なコーディング
お互いPOSTで渡す仕組みを実現します。

phpからASPへは

 

curlのライブラリから行ったほうが実績があったのですが、

なるべく標準関数(curlもすでに共通ですが)で行った方が望ましいかと考えました。

ASPからphpへは

//バイト型配列に変換

 

POSTを&でつなげてPOST送信します。

メルマガ登録して、小技を身に着けてください。


 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。