日記一覧

日記

御恩と奉公の崩壊がサステナブルに続く

このサステナブルという言葉使ってみたかったんですよね~

J-WAVE聴いていると5分に1回くらいの勢いで出てくるこのワード
なんなんでしょうか。

最近思うことは、社会の仕組みが本当に根本から変化していて
なんなんでしょうか。と思うことが多いと思いますが

社会の根本は、鎌倉幕府から続く精神「御恩と奉公」
がベースになっているのかもしれません。

そうこの将軍と武士の上下関係。

将軍に従えば、恩恵を得ることができる。このバランス。

当たり前のようですが、これが元寇襲来のときに一度崩壊します。

財政難により、満足がいく対価を武士に支払えずにバランスが崩れ

武士の世界の群雄割拠に突入します。

そして、これは今社会で起こっている

企業と従業員との関係のバランスともよく似ていてることに

先程ジョギングをしていて気づきました。

そうなると今後何が起こるかと申しますと、従業員(1個人による)

時代。これも皆様分かり切っていることがと思いますが改めてここで

再認識ですね。

更に申しますと、従業員(1個人)は、手元に自分で戦えるほどの

十分な武器、防具(デジタル環境)を持ち、自ら生活の為に世界を広げる。

自分の好きな事というよりもはや生活をするために自分で切り開く時代に

入りつつあるこの中。1個人は1個人と上下、時には対等な関係を築いていく

のではないかと思っています。

メッシュ(網目)のような関係ではないでしょうか。

若い世代だけではなく、50代で企業から希望退職を求められた世代も

同じようなフィールドを想定しておいてもよいかもしれません。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




そういえば10年前もテレワークしていました。

10年という歳月は長いようで短いようで。

10年前の今日もまったく同じように自宅でテレワークしていました。
当時のテレワークというスタイルは、こんなに社会的に認められた立場ではなく、

なにか引きこもり扱いされてる後めたい気持ちが
今より多い風潮はありました。

持ち帰れる案件なんて、機密保持の緩い、孫の孫請けといった感じでした。

ですが、この後、

災害がある度にこのスタイルはどんどん加速、進化していきましたね。

停電、台風、そして、コロナ渦が後押しするような形で。

そう、10年前の今日は、丁度子供が14時に学校から戻ってきて
おやつを上げて、太鼓の達人をやりはじめたすきに
パソコンの前に戻って、システムのリリースの準備をしている
最中にいつもと違う揺れに直感的に、子供と外の駐車場までに
逃げたのを記憶しています。

青年会議所と出会ったのもこの時期でしたね。
当時、現地に向かう姿や何か刺激を受けるものがありました。

この10年で、災害に対する意識も変わってきていると思いますが
まだまだ他人事と思える自分に戒めを与えながらこれから
歩む10年はどんな10年なのか。

震災後の節目でコロナ渦、大きな試練がある度に

テクノロジーは活用されて促進される。

試練を乗り越え、気持ちが平和な生活が送れるような
社会を支えるべく、今取り組んでいる事が役に立てれば
これはもう、この時代に生きている意味があるということ。

なんか少しわかってきたのか。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




行動にレバレッジをかえてゆく

自分の行動をただ行動するだけでなく、
将来の資産や誰かの役に立つような振る舞いができないか
考えながら行動することが、
今後の生き方に繋がる。

それは、
今自分の学んで、共感したことに対して、ブログにアップしてゆく

今目の前で綺麗と思えたり心が動いた場面を写真に収めてインスタにアップする。

ふと、頭に思い浮かんだアイデアをツイートする。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。