仮想通貨一覧

仮想通貨・暗号通過の利用方法や技術面についてお役にたつ情報を提供

フェイスブックが経済圏をつくる。すごい事考えている人はすごいんですね。

facebookの仮想通貨 Libra(リブラ)は、米国の中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)から、世界の通貨の基軸を揺さぶる恐れなどにより、公開に対して最大の懸念を

抱いているらしい。

それはそうだと思う。faceook上で今まの通貨を流通させないで、売買を完結させられてしまうことによる流通経済が想像できない。

facebookは25億人のユーザーがいる。これは、ひとつの国家であり、物理次元の国家以上の人口だと思う。ここで、漠然とした未来が想像される。

私たちは、今ここに住んでいる物理次元で所属する国にはもちろん属しながら

バーチャルの国家にも複数属して、そのバーチャル経済圏の中で活発に生活することにも

なる。

フェイスブックが経済圏をつくる発想を始めたということは

まちがいなく

GAFAの中のgoogle、amazon、appleもブロックチェーンに管理された

仮想通貨を生み出してくる。私たちは、4か国くらいの国家に所属することになるのではないか。

そうなると、おそらくGAFAの統合が始まる。この4つがひとつになったときに

ついに、クラウドの最終形態の入口が見えることになる。

4社がそれぞれの仮想通貨を出して、その4社はその通貨を相互で連携をとる。

少し前の、スイカ、名古屋近辺はイコカ、関西はするっと関西。バスはパスモ

フェリカの領域は今、統合されているようにみえる。

この感覚も生まれるのではないか。クラウドの統合。

映画アバタ―を見たとき、国家の中心の大木に、クラウドの集大成を見ました。

映画みたのは2010年くらいだった気がします。

アバタ―の映画は一気に自分の未来に対するインスピレーションをかきたてました。

そして、今回、さらに進んだインスピレーションをかきたててくれたのが

facebookの独自通貨。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




facebookが新たな仮想通貨を発行

facebook上で通貨のやり取りができるように暗号資産(仮想通貨)

を新たに発行するとのこと。

名前は「リブラ」懸念されている価値の上下移動が激しいところですが

比較的安定間のある通貨になるとのこと。利用者が億単位で確立されている

状態なので、流通も安定すると見込まれている。

ただ、アメリカ議会は、過去のFBの個人情報流出などを理由に

一度慎重に検討して欲しいと、国かたの後押しは大きくはないのも

ひとつの懸念事項のようです。

 

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[ビットコイン]仮想通貨が暗号資産へ

先ほど久々にビットコインの相場を見てみたら回復していましたね。
ちょうど2年前くらいのピーク前くらいまで来てますね。今。

ビットコインなどの仮想通貨の呼称を
国の法律でそろそろ正式にしていこうよよいうことで

「暗号資産」に変更することを盛り込んだ改正資金決済法と改正金融商品取引法が
31日の参院本会議で可決、成立したらしいです。
暗号通貨は世界では「クリプト・アセッド」と呼ばせていて、それが国際的に
広く使われている言い回し
通貨という表現を用いることで円やドルなど各国の中央銀行が発行する通貨
との混同を招く可能性があるとの指摘が寄せられていた。
またプラスで改正法では、マネーロンダリング(資金洗浄)を防止するために
匿名性の高い仮想通貨の扱いを禁止することなども盛り込んだとのこと。
これは、マニアックなアルトコインの取引は誰でもという訳にはいかないようです。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[仮想通貨] モナコイン流出の手口について

仮想通貨「モナコイン」を管理するサービス「Monappy(モナッピー)」(営業停止中)に昨年、サイバー攻撃を仕掛け、運営会社からモナコイン約1500万円相当(当時のレート)を詐取したなどとして宇都宮の少年(18)を電子計算機使用詐欺と組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)の疑いで書類送検し、発表。容疑を認めているとのこと。

というかこの「電子計算機使用詐欺」と「組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)」という
名称が妙に重いですね。これ。

このようなヘビーな犯罪名に気が付いたらされていた少年のアクションは
以下、

1.モナコインからギフトカードを受け取るとき、大量に連続(連続クリック)すると
誤作動で、複数回送金ができてしまうというバグに気付く。

2.ここで、このバグを使用して、仮想通貨を増やそうと思う。

3.連続して送信させる前に、身元がばれないようにしたようが良いと思い。
匿名で送信できるように、名前の値に小細工をする。
(匿名化できるツールを使用)

4.大量に連続クリック。
133回分のコードで、642回分の送金に成功

システムの作り手側からの意見ですが
仮想通貨のシステムなど新サービスが乱立して立ち上がる場合、システムには
ほぼ、落とし穴がある可能性は高い。理由は、ライバルとの競いは時間短縮
なので自動的に検査にかける時間が短くなってしまい、プロモーションが先行されると
動作検証は後回しにされがち。
作り手側としては気を付けたいところです。
急がばまわれの精神ここにあり



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[仮想通貨] 独自の仮想通貨を作り金融を支配する方法

ここ数年漠然と、「仮想通貨」という言葉から連想して、これって独自で作れるんじゃないかな。

その独自通貨ができれば金融の枠組み自体を独自で形成できるからなんか

すごくね。

という漠然と連想して、さらに数回連想の階段を上っただけで、天井にぶつかって、

思考停止になっていた

ここ数年。

ん。まてまて、仮想通貨だから独自で作れるよね。

もう一度自分に質問してみたら、内から久々、込み上げる好奇心。

そこから、みなさんと同じアクション。決まっているよね。

そう、グーグルで「仮想通貨の作り方」と検索。

国民全員同じ足並みがそろったアクション。ここが基本になる時代がくるとはすごい。

ここから枝分かれ。好奇心がある人は進む。

さあでてきた。検索結果一覧。どこから見よかな。開く前にもうプレビューでわかってしまう。グーグルの洗練ぶり。

仮想通貨の作り方 - Google 検索 - Google Chrome 2018-12-22 17.11.22

上は、広告でややぶれているから少し下あたりかな。このアクションも

もうまもなく、世界全員足並みそろいます。

仮想通貨の作り方でてきました。

私の場合、おそらく数年エンジニアのくせに作ることに興味を持たなかったので

相当出遅れ感がもう検索結果を見ると分かります。

つまり、独自の仮想通貨を作成するためのプラットフォームがサービスが

既に出来上がっているということ

エンジニアでなくても、だれでも作れるの時代なのです。

創造物が生まれて、価値を見出してから発展する途中にできあがる、

「自分で作るためのツール。」

ただ、ここからが胆。実は誰でも作れるツールには、創造者へのリターンが

神でない限り含まれます。

カウンターパーティー(XCP)

などのプラットフォームが既にあるようです。

そして

オープンソースも存在する。

私は少し前者を見てから、後者を見ていきたいと思っています。

これが原型かな

https://github.com/bitcoin/bitcoin

githubでbitcoinの原型が公開されていた。。

今更ですがbitcoinもオープンソースですね。

ソースの中を少し拝見しました。

// Copyright (c) 2009-2010 Satoshi Nakamoto
// Copyright (c) 2009-2018 The Bitcoin Core developers
// Distributed under the MIT software license, see the accompanying
// file COPYING or http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php.

どうやらC++で2009年から作り始めているようです。

サトシナカモトさんという方ですね。これは名前からして日本人のようです。

MITライセンスなので、そうこのブログでも以前解説しましたが、

再利用OKなソース。ナカモトさんは、神でした。リターンを求めない。

少しソースコードを眺めています。

おそらく中核のCoins.hがいいかな。

上部に出てきた「uxto」とはなんでしょうか。

おそらく、仮想通貨に触れている人にとってはおなじみなんでしょうね。

ソースのところどころに出てきます。

今ググったところ、「未使用のコイン」とのことです。そうかこれがブロックチェーンの中核となっている概念なんですね。

「unspent transaction output」の略で「未使用のトランザクションアウトプット」

つまり、まだ誰も使っていないビットコイン。未使用でブロックチェーンに書き込まれていないビットコインのこと。

ソースコード内に入っていたreadmeも記載しておきます。

以下に書いてあることが、開発者の核となるエッセンスです。ここからおさえていきましょうか。

What is Bitcoin?
—————-

Bitcoin is an experimental digital currency that enables instant payments to
anyone, anywhere in the world. Bitcoin uses peer-to-peer technology to operate
with no central authority: managing transactions and issuing money are carried
out collectively by the network. Bitcoin Core is the name of open source
software which enables the use of this currency.

訳:間違っていたらつっこんで下さい。

ビットコインとは

ビットコインは、デジタル通貨として、世界中のだれとでも通貨の交換ができる仕組みです。また1対1の人やりとりができ、中央集権のサーバーを必要としない通信ができる。
ビットコインはオープンソースのソフトウェアとして使用されていることで知られています。

・・・・・

とりあえずここまで。。

うわー止まんない。また、研究課題がでてきてしまった~。

「多摩かるた」を作りながら、多摩から発信される通貨「itm」を作る予定。これも日曜ですね。やること多すぎ。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[仮想通貨] ビットコインとアルトコインの違い

ビットコインは、ビットコインという暗号通貨の名称です。

アルトコインは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です。

WS000029

種類は500以上あると言われています。
主な取引所で扱えるアウトコインは代表的なものに限られます。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。