2018年一覧

2019年はこのような年になった

来年は2019年ですが、もうこの時点で2019年12月31に自分はいると想定して、2019年はこのような年になったという意識を先に向けておきます。

2019年を振り返る。

1.コナビの進展
年の前半に展示会があり
それに向けて販路、ビジネスモデルを具体化し、利用者を増やし続けて
年末まで辿りつくことができた。
1月にリストを固めて、そのリストに対して積極的に声掛けを行い
とにかく、足を使った1年だった。あとは、構わず使ってもらう姿勢を
貫いた。使ってもらわないと始まらない。コアサーバーのグレードを上げた。
進〇ゼ〇の全てで使ってもらったのはよかった。

2.受注案件
2018年より続いている案件を大事にこなすことができている。
問題点は、早めに共有することで、方向転換や見直しを計ることができた。
また、パートナー連携のモデルが確立され、
利益を確保しながらも、パートナー連携がスムーズにできるようになった。

3.スピリテック
自分の中の今に意識を向けることを更に強化することにより
よりハイヤーセルフからの叡智を受けやすくなった。
宇宙意識との対話をよりスムーズに行うことができた。

4.多摩かるた
絵札を作ることができた。印刷から商品化へこぎつけた。

6.鯉のぼり
定着から求められる事業へ。ようやく皆から理解される事業になった。
多摩川流域で本格的に動き出した。

7.作曲
スタジオワンを利用して新曲ができた。

8.家族でバンドを始めることができた。これは楽しかった。

9.語学
英語をある程度普通に使えるようになってきた。

10.コミュ
本当に自分と波長の合う人に囲まれるようになり
幸せ度がアップしまくった1年だった。

総括、2019年は、2015年の総崩れ底からの流れをへて、また登っていた
タイミングで、前回はここで、ひとつひびが入り崩れていったが、今回は
そのひびができる前になんとなく気付いてそれを修復して次のステージへ
向かうことができた1年だったが、まだまだ油断はできず慎重に
自分の声を信じて、ひとつひとつ、ゆっくりと人からみたらめちゃ
スローペースに歩んでいった結果大きな結果を成し遂げることができたと
思う。それは既に2018年から始まっていて、崩れかけたりした流を
おさえたりとそれは、前回つまずいた小石が、2周目なので少し
周りを見ながら走れている感覚。
慎重に信頼を取り戻したり積みかさねたりして、過去出会った人には全て感謝する
ことに意識することができた。そして
今に意識をフォーカスして行動した結果、1~10の全ての結果を手に入れることが
できました。

ここで資金の枯渇から若干解放されると(数か月の余剰でもう解放とか思ってしまう)
お金の計算のざっくりの増大が止まらなくなるのが、私の悪い癖と思っている。
このあたり、前回の小石のひとつと見ている。今回は、そのあたり慎重に
見定めた結果、無事過ごすことができた。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




今日の学び

過去起きた事に対して、すべて感謝することができると、

過去にはとらわれなくなり、今にフォーカスを充てて生きれるようになる。

朝の不安な気持ちも、全て感謝に置き換えてしまうと、どうなるかですね。

朝起きたとき、そんな高尚な気持ちになれるかな~。でも実験してみたい気もする。

 

朝というか寝起きの30分はメンタル的に結構下がる。

なぜだ~。この原因を探る。

・体が寝たがっている。

・納期の不安

・人付き合いの不安

・漠然とした法人存続できるのか不安

・急に昨日までの自分の行動に対してリスクを感じたりする。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




2018年当初の予測の答え合わせ

今年も年初めにぶちあげた予測がどのくらい精度の高いものだったか結果から

答え合わせしてみましょう。

>今年の予測としましては、

>世界情勢は、昨年と変わらず、米国が各国を翻弄させる図式は続きます。

>北だけでなく中東、米国内も。穏やかに解決できないものでしょうか。

→米国のトランプ氏の発言。しかもしそれがツイッターのツイートの発言

が影響しているというのも面白いですね。ツイート政治という言葉を作ってもいいくらいです。トランプ氏によるツイートが世界を翻弄させている図式も見えましたね。

そして、

米中の貿易摩擦というまた貿易摩擦という言葉を日米で使っていた時と

同じことをアメリカがしていて、ただ中国も応戦している拮抗ぶりも

見ものになっていきているのが2018年後半からでしたね。

>まだ来年で先ですが、新天皇即位による、皇室周りの伝統や歴史に注目が集まります。

>日本と皇室について、考えさせられる1年になるかと思います。

>その中で、全世界における日本の皇室のポジションに高さに、改めて学び、

>日本を見直すタイミングとなるのではないでしょうか。

→すみません。まだ早すぎましたね。これ来年です。

ただ、私の感覚的には、もう少し上記の事象が日本列島を覆う形で起こるかな

と思っていたのですが、情報の分散のせいか、今ひとつでした。

来年やオリンピックイヤーは、ならざるを得なくなるので、注目です。

>テクノロジーは既にエクスポネンシャル(爆発的な技術過信)の急激な

>右肩上がりに入っているので

>ここで予測しても、1年後どころか1か月後に新たな概念がベースになることも

>あり、正直いままで予測してきた発想とはあきらかに変わりつつあります

→急こう配になったとき、あえて追わなくても、自分の領域を確保したほうが

いいや的な発想に切り替わっている人は多くなったと思います。

価値観の変化がやや生まれた感もします。

>直近で言えば、ホームスピーカが、google、LINE、amazonと日本は3つどもえになり

>その中にLINEという国内企業が対抗しているのも面白い図式ですね。

>今は音楽やラジオ替りですが、入力インターフェイスの替りになりどこまで

>日常や業務に落とし込めるかがキーとなるのではないでしょうか。

→ googleは応用を聞かせて、返答してくれますね。

アクセラは、敏感に反応しますが、うまく伝わらないですね。

ラインは試していないです。

個人的には、google homeの対応がよいです。

>インターフェイスでいいますと、最終形態の脳インターフェイス
>(考えていることがそのまま

>入力信号となり、出力されるテレパシー情報)も既に米国ベンチャーでは、研究が

>始まっているようです。このネタを書くのはもっと何年も先という感覚で

>去年までいたのですが、もう脳インターフェイスのネタを書いているということは

>まさに技術革新が急激に伸びている証拠かと思います。

インターフェイスの飛躍は表面上には大きくでてきておりませんが

スマホ利用者の急増で、インターフェイスを設計するときに、スマホを主体に

する話が目立ってきた印象も受けました。

ただ、やはり業務で利用するシステムはPC主体ですね。

一昨年の予測で書いていたのですが、スピリチュアルというかオカルト系の話や

UFOの出現みたいなネタが表面化されていくみたいな話をしましたが

今年になっていよいよ出てきたな。という感触を受けたのも2018年でした。

こちらも1年間飛び越しての予想でした。

2019年は、本来の日本の伝統文化とスピリチュアルからややオカルト要素も

複雑に絡んでくることは事実です。懲りずに頑張ります。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




聖なる夜に行われた忘年会にて


(c) .foto project

メリークリスマースなのに、私がいる場所は

座敷の中華料理店で自〇党系列の忘年会。オンリーオーバー30後半男の会合。

そこで言われた言葉を忘れないうちに書き留めておこう。

伊藤君は、何屋かはっきりわからないから、声がかからない。

一度わかってしまえば大丈夫なのだが、その入り口がまったくできていない。

何でもできるのでぼやけているので、まずは

ひとつの業種に狭めてそれが、色になって、それを仕組にして誰でも

回せる仕組みにしておけば、何か広がってくるのではという

意見をいただき、なんとなく漠然とですが、少しなるほどと思ったところも

あり、このあたり掘り下げてみようかとも思いながらの酒の席。

聖なる夜の神の声、わが胸に響きたまわん。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[仮想通貨] 独自の仮想通貨を作り金融を支配する方法

ここ数年漠然と、「仮想通貨」という言葉から連想して、これって独自で作れるんじゃないかな。

その独自通貨ができれば金融の枠組み自体を独自で形成できるからなんか

すごくね。

という漠然と連想して、さらに数回連想の階段を上っただけで、天井にぶつかって、

思考停止になっていた

ここ数年。

ん。まてまて、仮想通貨だから独自で作れるよね。

もう一度自分に質問してみたら、内から久々、込み上げる好奇心。

そこから、みなさんと同じアクション。決まっているよね。

そう、グーグルで「仮想通貨の作り方」と検索。

国民全員同じ足並みがそろったアクション。ここが基本になる時代がくるとはすごい。

ここから枝分かれ。好奇心がある人は進む。

さあでてきた。検索結果一覧。どこから見よかな。開く前にもうプレビューでわかってしまう。グーグルの洗練ぶり。

仮想通貨の作り方 - Google 検索 - Google Chrome 2018-12-22 17.11.22

上は、広告でややぶれているから少し下あたりかな。このアクションも

もうまもなく、世界全員足並みそろいます。

仮想通貨の作り方でてきました。

私の場合、おそらく数年エンジニアのくせに作ることに興味を持たなかったので

相当出遅れ感がもう検索結果を見ると分かります。

つまり、独自の仮想通貨を作成するためのプラットフォームがサービスが

既に出来上がっているということ

エンジニアでなくても、だれでも作れるの時代なのです。

創造物が生まれて、価値を見出してから発展する途中にできあがる、

「自分で作るためのツール。」

ただ、ここからが胆。実は誰でも作れるツールには、創造者へのリターンが

神でない限り含まれます。

カウンターパーティー(XCP)

などのプラットフォームが既にあるようです。

そして

オープンソースも存在する。

私は少し前者を見てから、後者を見ていきたいと思っています。

これが原型かな

https://github.com/bitcoin/bitcoin

githubでbitcoinの原型が公開されていた。。

今更ですがbitcoinもオープンソースですね。

ソースの中を少し拝見しました。

// Copyright (c) 2009-2010 Satoshi Nakamoto
// Copyright (c) 2009-2018 The Bitcoin Core developers
// Distributed under the MIT software license, see the accompanying
// file COPYING or http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php.

どうやらC++で2009年から作り始めているようです。

サトシナカモトさんという方ですね。これは名前からして日本人のようです。

MITライセンスなので、そうこのブログでも以前解説しましたが、

再利用OKなソース。ナカモトさんは、神でした。リターンを求めない。

少しソースコードを眺めています。

おそらく中核のCoins.hがいいかな。

上部に出てきた「uxto」とはなんでしょうか。

おそらく、仮想通貨に触れている人にとってはおなじみなんでしょうね。

ソースのところどころに出てきます。

今ググったところ、「未使用のコイン」とのことです。そうかこれがブロックチェーンの中核となっている概念なんですね。

「unspent transaction output」の略で「未使用のトランザクションアウトプット」

つまり、まだ誰も使っていないビットコイン。未使用でブロックチェーンに書き込まれていないビットコインのこと。

ソースコード内に入っていたreadmeも記載しておきます。

以下に書いてあることが、開発者の核となるエッセンスです。ここからおさえていきましょうか。

What is Bitcoin?
—————-

Bitcoin is an experimental digital currency that enables instant payments to
anyone, anywhere in the world. Bitcoin uses peer-to-peer technology to operate
with no central authority: managing transactions and issuing money are carried
out collectively by the network. Bitcoin Core is the name of open source
software which enables the use of this currency.

訳:間違っていたらつっこんで下さい。

ビットコインとは

ビットコインは、デジタル通貨として、世界中のだれとでも通貨の交換ができる仕組みです。また1対1の人やりとりができ、中央集権のサーバーを必要としない通信ができる。
ビットコインはオープンソースのソフトウェアとして使用されていることで知られています。

・・・・・

とりあえずここまで。。

うわー止まんない。また、研究課題がでてきてしまった~。

「多摩かるた」を作りながら、多摩から発信される通貨「itm」を作る予定。これも日曜ですね。やること多すぎ。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




昨日誕生日でした

毎年、SNSのお祝いメッセージ有難いですね。やや儀式化しているので、

この風潮がどう全世界の納得感を持ってメジャーアップデートされるのかもここ数年の見どころですが

44年前のちょうどこの時期に、この世に排出されたと思ったとき。44年間もこんな良くやっているなと実感して思い。

より今を大事に生きようかと思う今日この頃。

うーん。言いたいことはありますが、まだ自分の中に消化しきれていないものが多く。

たまに帰り道、神社を通って帰るのですが、神社の境内の中が

ちょうど街灯にあたって、丸い光の玉に見えるのです。それを私は勝手に、崇めることができる存在と見立てて、拝んだりしているのですが、(少しヤバい人)

昨日も同じように、拝んで、さあ帰ろうと振り返ったときに、正面の出口の鳥居とその上に広がる夜空の星がめっちゃ気持ちよく。立ち止まってしまい、次に踏み出す一歩目が、何か
今日生まれたから引き締めていくかという気持ちにもなった。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[Xamarin] クロスプラットフォーム開発ザマリン(Xamarin)入門

エンドユーザーのデバイスの半分以上がスマホに移行している現時点2018年12月付近

PCベースのUIからの脱却を意識するレガシーな開発環境は多いと思われます。

しかも、レガシーといっても数年前がレガシー(一世代前)と思われてしまう

エクスポネンシャルぶり。

そのような中、マイクロソフトが打った手法。それがXamarin

Xamarinとは

開発言語は一緒で、ビルド時に各プラットフォームに振り分けることができる開発環境です

Xamarinのダウンロード&インストールはこちら

もちろん過去にこのようなマルチプラットフォーム開発言語、環境は存在していましたし

今も利用されている環境もあるかと思います。タイタニウム、ユニティー、ReactNative等々。

VsualStudioも常に同じような方向性で、色々な言語を取り込んでいることも事実です。

ただ、今回のVisualStudio + Xamarin環境は、過去の環境から少し進んだ印象を受けました。

開発時の言語はプラットフォームを意識しない感が少し高まったイメージです。

ですが、

まだ、エラー時は結局ネイティブのコードに立ち返らないといけないのがやなり難点といいますか、結局ネイティブも把握しておかないと、ある程度のところから先に進めないのは事実ですし、iOSは、結局MACがないと最終的なリリースまでにこぎつけない(Mac版VSで対応は可能)ということもありますので。

そのような意味ですと、まだまだ課題はありそうな、マルチプラットフォーム開発ですが
VisualStudio + Xamarinの環境は無償で構築できますので試してみる価値はあるかと思います。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




検診にて

毎年行っている健康診断に珍しくひっかかった。

心電図になにやら気になる動きがあったらしい。

左軸なんとかという症状で、電極が左に偏っているのが正常ではないという事。

検診を受けたのですが、特に問題はなく、過去もどうやら左に偏っているので

これは個性みたいなもんかなといった結論。

しかし念のため24時間、心臓の動きをはかる機器を体に装着して今日は過ごしている。

一足早いトランスヒューマノイド状態。

まあ、ストレスによる心臓の違和感ということで、この年齢になるとしょうがないみたいですね。

ヒューマノイド状態のまま午後から仕事。

ノルマをこなして、部屋の片づけ。片付けは苦手。

今、片付けほうきして逃げ込むように本投稿をしている。

今年はあまりブログを書けなかったかな。

インプットをもう少し消化したい気もします。

そうか親知らずをこないだ抜いたのですがその記事も書いていないね。

あと無性に多摩のことが好きという記事も書きたいのですが、どうもパワーが。

また改めます。今日は風呂は入らず寝ることにします。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




JCの卒業式

本日は昼間は羽村駅前のリフレンズライブを子供と見に行って夜は

青年会議所の例会に参加したのですが

卒業生のコメントがとても印象的だったので紹介します。

どれだけ投下できるか。投下したぶん必ずリターンがあるということ。

最初は、はめられた感でしたが開きなおって、会に参加して

時間を惜しまず、文句はあったが投下した結果そのリターンは大きいということ。

投資の発想と同じ。

そうかと思った。

こないだ信金の方にも言われたが伊藤さん

いい意味でのばくちをもう少ししてもいいんではないか。

これでは、もったいない。

わかるわかるけど、一度投下してしくじっているのが2012~2013年

人に投下して、うまく回らなかった。同じことはやりたくない。

ですが、投下して好転してまた投下してといった自動的に右肩あがりにいく

サイクルみたいなものを見つけたい。そうするとそこは投下すれば自動的に

上がっていくのがイメージとしてわかる。そう投下すればイメージとして

登っていくことがわかるところに投下したい。というか、そのような投下したら

好転するんだろうなという箇所を見つけたい、または仕組として作り上げたい。

と思っているが、もしかしたら。

「ばくち」、今日の卒業生の「コメント」、はめられた感と参加してみ

ようという想いからするともしかしたら投下時は何も見えていないのか。

投下時は、先のことは見えない。でも。何かあると信じて。投下。

まずは、大きく一歩進んでみる。

この強い意志。これかもね。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[spiritech]  何も考えない。 その時の感覚とは

そういえば、何も考えないって難しいよね。

ですが、実は私、まじめに考えているようで。実はぼーっとしていることが

多く。そして、何も考えない時間も意外とあり、

なんとなく思考が停止しているときがある。

少し遠目で自分を見てみると確かにその時間は何も頭に入れようとしていない。

そして、感じでいることは、よくもなくわるくもなく。といった感情。

あまり、深く考えることが、できないのかもしれない。

人の会話についていけないときがあるし。

本とかもあまり読めないし。

人からみたらぱっとみ、伊藤さんてなんだか、色々考えてそう。とか

色々、外見からなにやら解釈してくださったりしていますが。

じつは、けっこうそんなときもぼーっとしているんです。

よく見ると、ぼーっと感が伝わった人から自分に対する態度が変わる

瞬間も最近気づくようになった。人のマウンティングが感覚的にわかる。

特にこのあたりは気にしていないが。

最近思うのが、この意識とか思考というものを最大限に生かせる技はないか

ということ。結局ここに集約される。なぜかというと自分の人生のテーマは

創造だから、しかもその創造により創造された創造物は永続的に人を幸せに

導くものがよい。

それを模索するための環境づくりが現在の最大限のテーマ。

その環境というのは、自分の体を置く物理的な場所や空間もそうですが

やはり、マインド次第となることは事実。

マインドを常に創造しやすい環境に置くことが自分にとっての境地であって

その創造物は、日常生活の中で「はっ」と着火されるアイデアからだと思うのですが

思いつくアイデアと着火しやすい環境をつねに設けているとよいのかなと思う今日この頃。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。