2014年10月一覧

NO IMAGE

私たちは恵まれていることを自覚する

本日、日本青年会議所の会頭が話していた言葉。 人は、生きがいを感じるときは、使命感ももっていきること どのようにして使命感をもつことができるかというのは、 自分が恵まれていることを自覚することから生まれるとのこと。 うーん。ぴんとこないが、これが深い言葉の事は間違いない。 日本は恵まれている。自分は恵まれた環境に生まれた。 これを自覚すれば、おのずとやるべきこと...

NO IMAGE

鶴の恩返し 2014バージョン

久々夜家に帰って風呂から上がると、暗いなか、扉のしまった部屋から、何やら聞きなれない音がする。 「ぱちん。ぱちん。」「こつこつこつ」扉の向こうの明かりは漏れて扉をふちどっているので、部屋の向こうは明るいのだろう。 しかし、なんだろこの音。 もしやこの場面。「つるの恩返し」 冬の寒い中、おじいさんに助けられたおつるが、夜な夜な、自分の羽で織物を織る。 おじいさんは夜中音に気付...

NO IMAGE

一山一家

ひとつの炭鉱で家族全員支えている。常磐の炭鉱からスパリゾートハワイアンズに変貌を遂げた、常磐リゾートに関わる町全体が一致団結するための言葉。 常磐ハワイアンズセンターがつぶれれば、一家全員が終わる。この覚悟の中に生きる。 今の会社首になっても他を探せばいいや的なものでもない。ここしかない。このみちしかないので 私個人が存続に貢献しないと意味がないというか、存続する...

NO IMAGE

今度は台風か

噴火の次に容赦なくちかづいている台風。しぜん現象には、なにも怒りの感情はでない。たんたんと情はない。これが自然の驚異と畏怖。この上に私たちは生活していることを忘れないでいればよい。