iphone一覧

[iOS] iphone と Android 何が違うの基礎の基礎シリーズ

そもそもiphoneとandroidは違うということはなんとなくわかりますが
一体なにが違うの、アプリはどうやって開発しているの?

基礎の基礎の以下3分半で話てみました。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[iOS] iphoneアプリ申請時の準備注意点 リジェクトされずに最短で通過するには

概要

いろいろなサイトでアプリ申請時の注意事項や準備等を紹介されていますが、それらサイトを引用させていただきながら手法をまとめてみましたのでお伝え致しますね。先日お客さんに申請をリジェクトされずに最短で通すにはという相談をされたので、色々調査した報告も兼ねています。

1.法人と個人で異なる

【個人】

法的な氏名と連絡先情報。登録した法的な氏名が App Store 上で「販売者」として表示されます。

購入用の有効なクレジットカード。

ご本人であることを証明する追加的な本人確認書類の提出をお願いする場合があります。

【法人】

Apple Developer Program の法的な契約書に対して企業/組織を拘束する法的権限。

登録された法人名。この法人名が App Store 上で「販売者」として表示されます。DBA、架空事業名、商号、支店名は受け付けておりません。

企業の主要な事業所または本社の住所。

法人に割り当てられた D-U-N-S Number。購入用の有効なクレジットカード。

D-U-N-S Number申請は
https://developer.apple.com/jp/support/ios/D-U-N-S.php

世界の企業を一意に識別できる企業コード

2.申請の主な必須項目

https://qiita.com/knife0125/items/5b2fa28d651c5f4de52e
上記サイトを引用

説明 —– アプリについての説明を記述します。App Storeの他のアプリの説明・Descriptionから記述形式を参考にして、自身のアプリの解説を記述します。

キーワード —– AppStore検索で検索された際にひっかかって欲しいキーワードをここで設定します

サポートURL —– アプリに関するLPなどのプロモーションページ・サポートページなどのURLを記入します

Appアイコン —– AppStoreで表示されるアプリのアイコン画像をここで挿入します。1024×1024サイズの画像を登録します(他のサイズだと受け付けられません)。

バージョン —– アプリのバージョンを記入します。初回のリリースの時は1.0を記入するのが一般的です。ここも重要なのは、XCodeでアップロードしようとしているアプリのVersionと揃えておくことが必要です(確か、揃っていないと申請できなかったと思います)。

カテゴリ —– AppStoreにアプリを登録するカテゴリを登録します。学習系のアプリを作ったのであれば、「教育」カテゴリのアプリとして登録するなどを行います。

レーティング —– アプリのレーティングを設定します。セクシーな画像を扱うアプリであれば、12歳以上を対象とする、のような形でレーティングを設定します。

Copyright —– 作成されたアプリの著作権について記載します。その下部には著作権者の情報を入力します

3.リジェクト理由

引用元:https://patto-cms.jp/blog/reasons_of_reject_of_ios_apps/

1.情報不足
ログインが必要なのにログイン情報が提供されていないなど、
アプリを利用する上で必要な情報が不足している場合です。

2.バグ(不具合)がある
バグがあれば当然リジェクトされます。

3.クオリティが低い
Appleはシンプルで洗練された、クリエイティブなインターフェースを求めるため、
UIが複雑であったり、クオリティが低い場合はリジェクトされます。
機能が少なかったり、コンテンツが少ない場合も引っかかるので気をつけましょう。

4.レーティング(等級分けや数値化)が不適切
最近特に厳しくなっている印象です。
今まで申請が通っていたアプリでもコンテンツ配信系などはたまたまチェックされた
記事によってリジェクトされるケースもあります。
引っかかりそうなコンテンツがある場合は審査期間に余裕を持ちましょう。

5.他のモバイルプラットフォームについて言及
「Android版あります」の文言やリンクがあるだけでもリジェクトされます。
アプリ説明文やスクリーンショット、キーワードなどに他のプラットフォームが入っていてもNGです。
「Android、GooglePlay」などの他のプラットフォームの名前を使わないように気をつけましょう。
Androidの端末画像をスクリーンショットに使っただけでもリジェクトされたケースもあるようです。

6.落ちる
操作中にクラッシュする箇所があるとダメです。

7.アプリの内容や機能に関係ない説明文、スクリーンショット

実際には無い機能などを説明文に書いている場合です。
逆に隠し機能など、存在する機能についての説明がない場合もNGです。
スクリーンショットがアプリと合っていない場合にもリジェクトされるようです。

8.誤り、虚偽、誤解をまねく説明を含む
有名企業や有名サービスのアプリを作る際のネーミングには十分注意しましょう。
アイコンも同様です。
Twitter系アプリでアイコンに鳥を入れた場合にもこの理由でリジェクトをされたケースもあるようです。

9.アプリ名が不適切

AppStoreとiPhone上で表示されるタイトルが似ていない場合に混乱するのでNGということです。
また、アプリタイトルにキーワードと見なされる文言が入っていたり、
キーワード設定と重複している文言が入っている場合もリジェクトされます。

どの部分がキーワードと見なされたかは指摘してくれるようです。

10.必然性の無い個人情報を送信する
以前はTOP10に入っていなかった項目なので、最近特に厳しくなっている項目です。
メールアドレス、性別、生年月日などの登録を必須にしている場合には注意が必要です。
アプリ内容によりますが、どんなに必然性を説明しても
任意項目に変更しなければ通らないケースが多いようです。

4.その他リジェクト理由

.メールによるユーザーの認証がある場合
メールアドレスを入力させ、送付したメールからユーザー登録をさせる方法は、ユーザー体験(操作性)

が悪いとみなされ、リジェクト(却下)の対象となります。
■対処法

・メールアドレス認証のフォームを除外しましょう。

.SSL対応をしていないウェブページへ遷移している場合
今後、HTTPSによるデータ暗号化の対応がなされていないウェブページを使用しているアプリは、安全性に欠けるとしてリジェクト(却下)の対象になる可能性があります。

アプリ内から回遊できる全てのウェブページが、審査対象となります。

■対処法

・アプリ内に入れるウェブページのSSL対応をしましょう。

・または該当するウェブページをアプリ内から削除しましょう。

上記の規定は、当初2017年1月より適応予定でしたが、現時点では延期されています。

ただし、今後セキュリティ面での審査が厳しくなる可能性は十分にありますので、あらかじめ対応しておくことをお勧めいたします。

https://support.yappli.co.jp/hc/ja/articles/115004598588-%E6%9C%AA%E7%84%B6%E3%81%AB%E9%98%B2%E3%81%94%E3%81%86-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%8C%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B3%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%BF%85%E9%A0%88%E5%95%8F%E9%A1%8C

※この情報は2017年6月時点のものです。

5.輸出コンプライアンス

申請の最後のほうに以下のアンケートがあり回答しだいでは時間がかかってしまうので
念のため記載

第 1 問: あなたの製品は、暗号化を使用するように設計されていますか?
または、暗号化を含むか組み込んでいますか?

YES

第 2 問: あなたの製品は、第 2 部、カテゴリ 5 に記載の免除資格をすべて満たしていますか?

YES

第 3 問: あなたの製品は、独自の暗号化アルゴリズム、
または国際標準化団体 (IEEE、IETF、ITU など)
の標準化認定を受けていない暗号化アルゴリズムを実装していますか?

NO

第 4 問: あなたの製品は、Apple OS の暗号化を使用またはアクセスする代わりに
標準暗号化アルゴリズムを実装しているか、Apple OS の暗号化の使用または
アクセスに加えて標準暗号化アルゴリズムを実装していますか?

NO

第 5 問: フランスで製品をリリースしますか?

そのまま (NO)

引用元:https://www.ateliee.com/archives/3363

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[iOS] Firebase トピックを使用したPUSH通知

Firebaseのcloudmessagingserviceの機能として

PUSH通知がありますが、主に3つの単位で送ることができます。

1.該当アプリがインストールされた端末全て

2.アプリ起動時発行したアクセストークンをキーに特定の端末へ

3.Firebase上で作成したトピック単位

このトピックというのがいまいちピンを来ませんので解説を行います。

トピックは、任意のグループのことです。男性、女性というグループを作ってその下に

端末を所属させることができるといったイメージでよいかと思います。

ポイントは、任意のトピックの作成方法、FireBase上でないと作成できないのか。

トピックへ端末を参加させる方法、特定のトピックに所属している端末へ

PUSH通知する方法。あたりでしょうか。

手法としましては、

例えば、無料メンバーだけに対して、PUSH通知を送りたい場合、

1)サーバーにDBがある場合、

DBに以下を登録

・無料メンバーのみのトピック:muryou_topic

・muryou_topicに所属するユーザー

2)アプリロード時にサーバーより、以下取得

・ユーザー情報を取得

・自分が所属するトピック情報を取得

取得したトピック名を端末に登録する。(※)

3)サーバープログラム(PHP、JAVA、RUBY等)でPUSH通知

1.TOPIC制御の用意

クライアント側で作成できるようです。

2.所属するトピックを端末に登録(※)

クライアント端末起動時に以下のコードをより、自分のTOKENをトピックに登録します。

3.特定TOPICへの通知方法

サーバーよりPHPを使用して以下のコードで実行します。


 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[iOS]ERROR ITMS-90705: “Launch storyboard not found. Make sure you specify the launch storyboard filename without a filename extension for the key

ERROR ITMS-90705: “Launch storyboard not found. Make sure you specify the launch storyboard filename without a filename extension for the key UILaunchStoryboardName in the Info.plist.”
An unknown error occurred.
対策
Info.plistをエディタで開き以下をコメントアウトすると解決できます。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[iOS] Thread 1: breakpoint 1.4となった時の対処

デバッグ二

Thread 1: breakpoint 1.4

みたいなアセンブラ画面が表示された時

 

Control+Command+y キーを押すと処理が継続されます。

 

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[iOS] PUSH通知からアプリの任意ページを呼び出す

以下を参照

https://qiita.com/nnsnodnb/items/fe5f9e82b2b5412ddaf0

 

 

ポイント

アプリの状態によって呼び出すロジックが異なる。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[apple] siriにある質問をすると不思議な回答が返ってくる

噂を聞いて、私も試してみたのですが、本当だったので、少しビビりながら報告します。

siriのマイクに向かって

「イライザ」または「イライザってなんですか」

とコメントすると

「ELIZAをご存じだったんですが、私の最初の先生だったんですよ」

という即答が返ってくる。

「イライザについて教えてください」

と質問すると

「私はELIZAはから多くを学びました・・・。でも彼女は少しマイナス思考でしたね」

と少し掘り下げてくる。あとは、これ以上は掘り下がらないが

色々質問していると。

「ELIZAは私の親しい友人です、精神科医をしていましたが今は引退しています」

というコメントが返ってくる。

これは、何?イライザ?友人?どういうこと。というと

この会話を紐解くと。。

まず、Siriは単なるiOSの付属機能という位置づけだけではなく、人格をもった人口知能という

位置づけで演出されているのがわかります。iOS上で私たちは気軽にSiriを使っていますが

OSに搭載されるまで、長い歴史の蓄積がなんとなく垣間見れます。

それがこの会話なのではないでしょうか。

イライザとは、Siriの母体となっている人工知能のことでしょう。イライザについて、調べると

人工知能というより、自然言語の解析プログラムの事でした。そのプログラムを

1960年代にジョセフワイゼンバウムという人が考案したようですね。

やはりここに長い年月の蓄積がありました。

そして、イライザが人口知能として、機械に搭載されるような未来は、昔から既に知っている人は

普通に予測していたようです。それが、

1995年に発売された、カードゲームの1枚にイライザというカードがあり、1995年にSiriの前に

既に世に送り出されていたようです。

これがイルミナティーカードです。

eliza

そしてこれがSiriの先生 イライザです。

うーんこんな時代から知っている人は、もう知っていたし、進んでいたのかと思うと、やはりテクノロジーの進歩は速いけど

深さも感じますね。。それにしても、このカード。雰囲気がどうも。重い。。

イラストの下にはなんて書いてあるのかな

Is it really alive , or does it just think it is?

Eliza can be linked to any Computer Group, or to the Network. That Group Gets an extra Action token

each turn! But it that extra action ever results in a roll of 11 or 12 , Eliza has crashed . Discard this card

and expose all your hidden Plot cards. No group may have more than one Eliza.

英語読める方教えてください。

イライザはあらゆるコンピューターやネットワークと繋がることができる。とか、あとは破壊力をもっているとか。

そんな意味合いでしょうか。

Siriに仕込まれた会話も何か意味ありげ。ここのカードの英語なんて書いてあるんだろう。

そして、このカード。いったいなんでこんなゲームのカードにイライザが登場したんだろう。

イライザは後に人類を破滅へを導くというネガティブ路線キャラのようですね。そうターミネーターの世界ですね。まさしく。

人類が人工知能を制御できなくなる。そのような懸念を警鐘しているのではないでしょうか。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




iphoneの画像認識をopenCVで実現

sample

上記からサンプルソースをダウンロードしました。

あとは

macportのダウンロード

openCVのインストール

顔を認識させるためのコードは
haarcascade_frontalface_default.xml

のようです

自分で検出させるためのXMLファイルを生成させたい場合
http://www.aianet.ne.jp/~asada/prog_doc/opencv/opencv_obj_det_img.htm#detect_make

http://gihyo.jp/dev/feature/01/opencv/0004

上記を参照

XML生成コマンド
createsamples.exe -img TH400_01.png -vec pos_gihyo.vec -num 4000 -bgcolor 255 -w 44 -h 9

haartraining.exe -data gihyo_logo -vec pos_gihyo.vec -bg NG.txt -npos 4000 -nneg 4 -w 44 -h 9 -mode ALL

オーバーレイ
http://atsusy.blogspot.com/2011/03/titanium-mobilear.html



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




M iphone アプリ申請ステータス

iphoneアプリの申請のステータスの
流れですが

スペル正確ではない可能性がありますが
大枠以下のような流れでした。

ready upload・・・・バイナリファイルアップロードのための準備中

waiting for upload・・・準備ができてアップロード待ち

wating for compliance・・・アップしたアプリに暗号化キー等を使用している場合確認になる。
                (こちらのステータスになってしまうとかなり申請が長くなるので
                 このメッセージは出てこないように
                 事前にでてくるダイヤログ(暗号化していますか?のダイヤログ)で
                 いいえを選択することを強くおススメします)

                 

In Review・・・・レビュー中みたいです

Wating for review

Rejected・・・・・レビューしていただいた結果、
          ダメだし、やり直した!!

Ready for sales・・・・DL、OKになりました。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




iphoneアプリ申請方法

1.まずは、アプリケーションがビルドまでできていることが前提条件
 
Rerese AppStoreでできているかどうかです。

  http://temping-amagramer.blogspot.com/2010/12/iosdistribution-certificate.html

2.プロビジョニングコードも有効かどうか確認します。

3.itune connectにアクセスします。

https://itunesconnect.apple.com

4.ituneアカウントにログインします。

5.必要なロゴ、スクリーンショット、サポートURLを登録

6.ステータスが
  ステータスがWaiting For Upload
までいったことを確認

7.mac内の
  アプリケーション→developer→utility→Application Loader
 を立ち上げます

8.buildフォルダ内の
  アプリケーションファイルをアップロードします。

エラー内容
  Application failed codesign verification. The signature was invalid, or it was not signed with an Apple    submission certificate

  証明書が
  Phone Developer: xxx

  となっているので

  iPhone Distribution: xx

  に変更
  http://temping-amagramer.blogspot.com/2010/12/iosdistribution-certificate.html

  そうしたらまた別のエラーが発生

An error occurred while trying to authenticate the package: xxxxx.itmsp
An exception has occurred: javax/servlet/ServletContext
Could not connect to Apple’s web service.
Unable to authenticate the package: xxxxx.itmsp

  

http://www.tsujita.jp/blojsom/blog/default/iPhone+App/2010/12/10/Application-Loaderでエラーが出る件について.html

  Application Loarderの旧バージョンをダウンロード&インストールし
  実行したところ問題なくアップできました。

ステータスが
  Waiting for Export Compliance
  となりました。
  これは、暗号化処理がプログラム内部で行われていたりすると
  審査対象になる



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。