PHP一覧

phpのntsって何?

phpに新たなモジュールを追加する場合、ntsありとなしの違いを説明します。

ntsとはnon thread safeの略。環境がnon thread safeになっている場合はntsのバイナリーファイルをphp.iniに定義しましょう。

とはいっても何で判断したらいいのーということですが、

infophp()で

PHP Extension Build の中に NTSを記載されていれば、この環境は NTSだと
判断してよさそうです。







メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




phpでオラクルデータベースに接続

 

PDOのオラクル対応がなかなかうまくできずに苦戦しました。

 

対策1以下をダウンロードし

oracle instant clientの32bitを、phpフォルダ、phpフォルダ\extにコピー

対策2php.iniの

extension=php_oci8_12c.dll の”;”を除去し、設定を有効にした
extension=php_pdo_oci.dllの”;”を除去し、設定を有効にした

対策3PCの再起動

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[php] 便利なログ出力方法

eye_catch1

用意した変数の中に実際値が入っているか確認をしたかったり、
プログラムのエラー時に明示的にログを出力する場合に最適な
関数を紹介します。

1.任意のフォルダに任意のファイル名で出力する場合

出力内容という文字列が、動作ディレクトリにtest日時.logのファイルで

出力されます。

2.php.iniで指定したエラーログフォルダに出力する場合



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[php] php内でエラーステータス500を検出しリダイレクトさせる

htaccessも使えず、アパッチの設定もできないとき

エラーステータス500が検出させるfatalerrorなどを

検出し、自分でリダイレクトさせる方法

 

解説

register_shutdown_function関数はphp処理の完了時に
呼び出される関数。

そこにエラー時のみリダイレクトさせるコードを入れることで対応。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[php] 複数添付ファイルの送信対応

ファイルを複数添付する時の、文字コード指定、区切り文字にやや癖があります。
参考サイトは以下です。
http://www.phppro.jp/qa/596



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[itm-cloud] クラウドによるプロジェクト管理システム構築

いよいよ形にしてゆきます。アイティーエムクリエイトのオリジナルコンテンツ

第3弾。

プロジェクト管理ツールまずは

メルマガ、メーリング、ファイル共有あたりができるといいかなと思っています。

ログイン画面をまず作ってみました。ログイン画面ってやはりシステムの玄関口なので

意外とデザインあってもいいですよね。

itmcloud_login

 

 

 

如何でしょうか。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[php] XML ルート要素の属性値取得方法

PHPにはいくつかXMLのパーサー(解析ライブラリ)が搭載されていますが

今回ルートにある属性値を取得するのに結構手こずりましたので手法をお伝えいたします。

まずは以下のようなXMLがあったとします。

上記のルート要素はResultSetです。通常
SImpleXMLは、Result要素から取得できますが上記のような
ルート要素にある属性は取得できないようでした。
そこで以下のような手法で属性を取りました。

ここでポイントなのがxpathです。

xpathとは

xml内で任意の場所を指し示す手法です。

つまり、パス指定です。

ルートからなので何も指定しない(/などの階層区切りはしない)

状態で@(属性)の指定をしています。

属性totalResultの結果を$resultに格納しています。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[php] 出力文字を制限する 指定文字で丸める

要望

出力文字を10文字までにして、あとは・・・として欲しい

対応方法

 以下のように対応。文字数をパラメータで指定します。

 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




ASP.NETとLAMP環境のデータ連携を実現

■構想検討

構想としましては
OSが異なるので、お互いAPIを用意し、API経由でデータを連携させるように構想しました。

お互いのOSからクロスで放り込む方法も見つけましたが
LINUX→SQLServerの場合、ドライバーをLINUX上にインストールする必要が発生する可能性があり
難易度が少し上がります。

■仕様
クロス同期つまり、ひとつの会社テーブルの情報を常に同期させる。ASP側で更新されたらLAMPにも更新するし
逆も同様にする。

■環境準備
LAMPのシステムとASP.NETシステムの環境のデータ同期ということ。
データベースの方は一緒。SQLServerのデータをMySQLに移行。

workbenchを使います。

データ変換には癖がありますが、何回か行っていると規則性が見えてきます。
■具体的なコーディング
お互いPOSTで渡す仕組みを実現します。

phpからASPへは

 

curlのライブラリから行ったほうが実績があったのですが、

なるべく標準関数(curlもすでに共通ですが)で行った方が望ましいかと考えました。

ASPからphpへは

//バイト型配列に変換

 

POSTを&でつなげてPOST送信します。

メルマガ登録して、小技を身に着けてください。


 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 




[php] var_dumpの結果をログに出力する

var_dump関数は、ログの中身を画面上で解析するのに

役に立つ関数ですが、ログに出力する場合、

<?php
$arr = array(
‘t1’ => ‘aaaaa’,
‘t2’ => ‘bbbbb’,
‘t3’ => ‘cccccc’
);

ob_start();
var_dump($arr);
$result =ob_get_contents();
ob_end_clean();

$fp = fopen(“./dump.txt”, “a+” );
fputs($fp, $result);
fclose( $fp );
?>

上記のようにob_start ob_get_contents ob_end_cleanを

セットで使い画面上に出力された結果を$result変数にセットし

その$result変数をログに主力するという内容


 



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。