Uber Eats配達トラブルの想定

人世代前に米国で、なんでも代行サービスが流行っていた時
日本は規制やルールが厳しいから抵抗があり難しいのではという印象でしたが
見事にUberEatsはその柵を越えて、軽々日本に降り立った。

ですが、流行が一巡すると見え始めてくる問題。今日は代行WEBサービスの
トラブルになりがちな懸案事項を出してみました。

1.受け取り拒否による商品返却問題。
  注文間違えたので受取れない。
  料金は払うが商品は処分してくれと言われ、
  処分先を受取人敷地内に置いて帰る。
2.受取人に会えない。
3.受取人の敷地内でけがをした。
4.受け取った商品に欠陥があった。
5.取引間のスマホどちらかが故障、電波障害。

当事者間はお互い自分の都合の良いように解釈をしていて
しかも、仲介役のUberは一切責任を負わないようにできているところが
また、暗黙のルールみたいなものを築き上げる必要があるのか
やはりトラブルが多発するものは、みな遠慮するのか。

どちらにせよAIに置き換わるこの受取作業。そのまで法的に踏み入ることもなく当事者間でローカルルールができあがるのかもしれあいですね。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする