お金・仕事・アセンション(覚醒)・AI 繋がってきた。

私が個人的に関心を持っていることをタイトルに並べてみましたが

今を生きている私たちには上記のキーワード ひとつ以上

必ず関心を持っているキーワード入っていると思います。

2つ以上は入っているかもしれないですね。

結局仕事はお金を得て生活するためであって、大変な思いをした分、人へ
サービスとして還元され対価としてお金をもらえているし、これで生活ができている。
そして、このサービス提供の価値が上がってきている背景に、IT化のスピードの速さに
より、ついてくのが大変な年金世代。日常生活にスマホのアプリが必要になってきている
現代が便利が逆に制限になっている世代もいるし、それを国が政策として加速かさせているのも皮肉でありこれがまさにいっきに生活と人間の思考の次元を一気にこれから上げる。

そうすると、

どうなるかというと。

とんでもないことがじわじわ起こる。
それは、窯に入れられたカエルのように気づかないが
はじまっている。

その次元上昇のキーワードがつまりAIだった。

こんなイメージ、AIがこれから、人間の生活と同じ土俵に入ってくる。ある程度

気づいた人は次元を上げて、そのAIを使う側の仕事につくか、もしくは
そのような仕事を創出する。

次元を上げないで気付かない人たちは、
AIと同じ土俵の仕事で無意識な翻弄と圧迫を感じる。特に仕事が全てなくなるわけではないが違和感は感じると思う。

AIの社会的介入により、AIを操る新しい仕事にマインドを変えることが

現実から見た側面の次元上昇であり、覚醒でありそしてアセンションだった。。

そして、貨幣はなくなるというか、経済圏がGAFAのような国でない枠になるので

現在の貨幣の価値が薄くなり、これも生活スタイル(次元)を変えていかないと、恩恵を受けれなくなるということ。

評論家のように傍観していた私もこの流れに漠然と気づいたとき、少し

戸惑いを覚えました。うちの息子のこと。AIと並んでしまう、オフィスワーカーの人たち。

もう少し対策を考えたい。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする